コロナショックと闘う日々の記録 ~FXトレーダーを目指して~

  1. コロナウィルス
  2. 10 view

FXだったら作れるだろうな。。。

先月、ロックダウンの直前のこと。

 

私のサロンに毎月来てくれているお客様の一人に、超セレブなお客様がいるのだが、

予約の時間に遅れそうなので、時間を変更したいと連絡が入った。

 

コロナショックでお客様も少なくなっていたし、キャンセルも多く出ていたので

来てもらえるだけでもありがたいと思っていたし、時間にも余裕があったので

『とりあえず1pmにずらしておくけど、無理そうだったらまた連絡ちょうだい。』と言って待っていた。

 

5分くらい遅れたけど、来店。

いつもまつ毛のエクステをしに来る時は必ずすっぴんで来てくれるのに、珍しくばっちりメイク。

 

よっぽどの予定が入っていたんだろうなぁ~と思って、『珍しいね!』って話題を振ってみたら、

『病院におカネを寄付をする為に、政府側が用意してくれていた会があって、ドレスを着ていたからメイクもしっかりしないといけないと思ってね。』

とサラッと答えてくれた。

 

この時、心の底から彼女と彼女の旦那様に、お礼を言った。

すでにイタリアやスペインで医療崩壊が起こっている中、ここでも近い将来そうなるであろうと少し不安があったからだ。

 

『ありがとう。あなた達みたいな人がいると、本当に助かる。あなた達は偉大だよ。心から尊敬するよ!』

少し涙が出そうになった。

 

この時、『おカネって正義だな!』と思った。

 

富裕層の中でも間違ったおカネの使い方をしちゃっている人もいるので、そういう人に使われているおカネを正義だとはあまり思わないが。。。

それでも、使えば世の中に回っておカネが動くので、いい意味ではあるのだろうけど。。。

 

 

このロックダウンで政府が国民に用意する額、1300億ドルとのこと。

 

国もすごい決意だ。

金額が大きすぎて想像がつかないが、どうやってこの額を用意するんだろうか?

 

勝手にこの国だけがおカネを増刷してしまうと、世界の通貨のバランスや国内の経済が崩れてしまうだろうから

そんなことはしないだろうが。。。

 

国債を発行するのかな?

やっぱりこういう時も、助けてくれるのは富裕層なんだ。

 

よく、『結局、お金持ちはお金持ちになる仕組みになっているんだよ。』って嫌味的な発言をする人もいるけど、

私は彼らは頭が良いんだと思う。勉強ができるという意味ではなく、賢いという意味。

 

常に『おカネを作るにはどうすれば?』を頭の中で考えている。千切れるくらい考えている。

だから富裕層でいられてるんだと思う。

 

やっぱり凡人な考え方ではダメなんだろうな。

 

いつか私も、『正義だな!』と思えるような使い方のおカネを作りたい。。。

FXだったら作れるだろうな。。。

一日ワンクリックお願いします。毎日ブログ更新する元気になります。
👇 👇 👇

現在、勉強しているオンラインサロン


SHAIRAX SALON

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

アーカイブ

最近の記事

  1. なんだろな

    2020.07.10

  2. 第2波

    2020.07.3

最近のコメント